/*上に戻る*/

不安の正体

こんにちは。出張期間よりブログ更新をサボっていました。今火曜日の午前10:00頃です。なぜ更新しなかったのかというと、自分の予想がある程度当たっていたからです。よく当たり始めるとガンガン主張する人いますけど、おじさんそういう人嫌いです。

「おまえうるさい」とか思います。

決してMacBook Proが置いてある部屋のクーラーが壊れたから更新しなかったのではありません。ちなみに来週7/4(火)に新しいクーラーが付きます。そこまで更新数が少なくても決してクーラーが無いからではありません。あとおじさんMacBook Proは持ち歩きません。液晶やらHDDやらグリグリいっぱい線が刺さってます。しかし今月壊れすぎ。。。

今週の相場感

変わらずです。昨日NT倍率が12.50倍ぴったりになりました。今週NT倍率の推移に注目です。今週外人の現物は買い越しになる気がしてます。これはおじさんの予想です。

f:id:kishi27:20170627091344p:plain

おそらく先週の外国人売買動向は現物イーブンか売り越しだと思います。先物は買い越しだと思いますが。

その発表が6/29(木)で個人の売りを呼び込むことできるか、もしくは待たずに上に行くか?その小さな違いだと思います。どのみち上と予想してます。

現在の建玉

買い8売り0です。

f:id:kishi27:20170627090444p:plain

利がのってきました。買い持ちの恐怖に勝てないと今のポジションはありません。今日はその恐怖について書きます。

まずはお勉強

5MA / 20MAと日経平均終値のチャートです。(3/1〜6/26)

雑な修正はお許しください。

[ ↓ 今のチャート①]

f:id:kishi27:20170627091501p:plain

[おじさんが買い始めチャート 18,300円前後②]

f:id:kishi27:20170627091752p:plain

[おじさんが仕方なく買いチャート 19,200円前後③]

f:id:kishi27:20170627092011p:plain

[おじさん買い持ちを決断した時のチャート 19,600円前後④]

f:id:kishi27:20170627091903p:plain

結果が当たっていて自慢で貼っているわけではありません。この検証が大事なんです。

②のチャートでは逆張りで買うこともできそうですが、③、④のチャートでは買い持ちなんてちょっと「んー」って感じです。でも①の現在チャートを見ると、ナイスポイントだと思えます。全部売りから始めても不思議ではありません。特に④。つまりチャートからは未来は予想できない。

ルーキーは①を見て相場に入ってくる

ルーキーは①を見て相場に入ってきます。チャートでは未来はわからないのに。

株を商売にする人間は私の買ったポイント辺りをあとから◎で囲って「ここで買えばこんなにプラス!」ぐらいに煽ります。

よく見る光景でしょう。そして試しに買ってみたら勝ったとか良くあります。

ただそこからが歪みます。成功体験から建玉数が多くなるんです。そして建玉が多くなると不安になり数ヶ月後には逆張りプレイヤーの出来上がりとなります。

日本の個人が逆張りプレイヤーなのは不安を煽られているからです。

自分の不安へ逆張りしなくてはいけないのに相場に逆張りするようになる。

だから最終的に負けるんです。

私が先物を買った理由

逆張りを狙った20MAの乖離率とか色々ありますが、基本は外人が買い越しを続けていたこと、空売り比率が低かったこと。新高値銘柄数が3桁を超えていたこと。メインはここです。

20MAを使ったチャートでは短期の逆張りに使えますが、3ヶ月後(今なら9月)から見える今のチャートをイメージしながら使います。決して未来を予想しているわけではありません。

「外人の買い越し、新高値銘柄数を加味すると上昇と予想。であれば3ヶ月後から見た今のチャートは20MAのラインで反発する。この価格で反発する」と予想します。

チャートで売買判断は難しいですが、出来上がったチャートというのは過去類似点が多いのが特徴です。チャートはいかに過去の類似点を見つけ3ヶ月後から今をみることができるかが重要となります。

私が株の師匠から最初に教えて貰ったのは、常にチャートを見て覚える。形を覚える。過去の形と今を比較して類似してるのであれば、その時期の外人やら何やらの情報をできるだけ入手して今と比較する。ある程度合致していれば同じように動くと仮定する。それが株の勉強だと思ってます。

不安な人

①のチャートを後からみて「なんでここで買わなかったのか!」「株なんて簡単じゃん!」と思えますが、その当時は買えないことが多いです。

そして実は今も同じです。トレードしていない人とトレードしている人はココが決定的に違います。

実際トレードすると不安になるんです。買い持ちの人、売り持ちの人、お互い不安になると思います。なぜ不安なのか?

不安になるようにアルゴがセットされているんですよ。

最近良く聞く人工知能。AIとかドラクエ5世代には微妙なものかもしれませんが、今のAIは人間を不安に陥れる天才ですよ。

ドル円もそうですが不安になる動きを常に続けてます。株のデイトレもそうです。とにかく株式相場はAIによって個人が不安になるように動いていると考えたほうがいいです。そして精度はどんどん良くなっていると思います。

それぐらいザラ場で見ていると間違えます。おじさんが「自分は間違える存在だ」と認識しているのはこのことからです。

ザラ場の値動きを見ないで終値の点をつなげるほうが見える部分が多いです。

不安にならない理由を自分でみつけよう

おじさんは外人の売買動向、空売り比率、新高値銘柄数など自分の不安の気持ちを忘れさせるものを持ってます。過去の経験から信用していい数字だと認識しているからです。みなさんも自分が信頼できる指標を見つけて自分の不安を打ち消してください。そしてそのポジションは何故取ったのかも思い出してください。

 

さいごに

このブログは結果だけを求める今の時代に合っていないブログ形態です。

あくまでトレードする上でのプロセスを大事にします。私の考え方と結果を見ていただき、少しでも過去のデータ分析やテクニカル分析が大事だと感じていただけるよう頑張ります。一生懸命稼いだお金を大切にしてもらいたい!と切に思っております。結果だけを求める方は他のブログのが参考になります。予めご了承ください。

 そろそろ蒸し暑くなるからやめます。

 

 

広告を非表示にする